BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Q &A
  4. 車の購入とカーリース節税効果の違いは?

車の購入とカーリース節税効果の違いは?

ビジネスの種類にもよりますが、社用車があれば何かと便利です。法人や個人事業主が仕事でお車を使用する場合、「購入」か「カーリース」のどちらかを選ぶことになります。法人税などの税金を低くするためには、状況により賢く選択する事が重要です。

節税を考えると、購入かカーリースではどちらがお得なのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、一括購入(新車・中古車)、ローン購入、カーリースの3つの選択肢から、それぞれの節税効果の違いについてご紹介します。

車を購入する場合の節税効果

車を購入すると、経費計上する際は減価償却をします。減価償却とは、費用を(法定)耐用年数で分割して経費計上する方法です。購入費を損金計上する事により、会社の黒字を圧縮することで節税の効果が得られるというものになります。これらのことを踏まえた上で、一括購入(新車・中古車)した場合とローン購入した場合の節税効果について解説します。

新車を一括購入した場合

新車の法定耐用年数は普通自動車なら6年、軽自動車なら4年と決められています。法人税の計算上は原則として法定耐用年数で減価償却することが定められているため、新車は6年(軽自動車は4年)かけて減価償却をしていく必要があります。一括購入すれば支払いは購入時ですが、その年に全額計上することはできません。

中古車を一括購入した場合

中古車は法定耐用年数が短いため、新車よりも早く経費計上が可能となり、節税効果が期待できます。中古車の法定耐用年数は、「(6年-経過年数)+(経過年数×20%)」で算出されます。初年度登録から3年10ヶ月経過している車の場合、上記計算式で2.8年となりますが、小数点以下は切捨てのため法定耐用年数は2年となります。減価償却には定額法と定率法がありますが、定率法で減価償却する場合、耐用年数2年の車両は1年で償却ができるため、購入した年度で全額損金計上することが可能となります。よって、経過年数が3年10ヶ月以上の中古車なら、新車購入より節税効果が望めるでしょう。

ローン購入した場合

ローンを組んで車を購入した場合、借入金の元金は経費計上することができません。ただし、借入金の利息部分を「支払利息」として経費計上が可能です。また、新車と中古車どちらを購入する場合も基本的には同じです。不動産も同様の考え方なので、節税効果を期待する法人や個人事業主は貸借契約にして全額を経費計上している方も多くいらっしゃいます。

購入するタイミングも重要

最大限に節税効果を得るためには、購入する時期も重要です。減価償却は月割で計算されることから、会社の決算月に駆け込みで購入しても1ヶ月分しか経費計上ができず、残りの月割分は翌年の経費に繰り越すことになります。そのため、先を見越して決算月の翌月に購入し経費計上することで、最大限に節税効果が得られます。

カーリースする場合の節税効果


近年、節税効果を期待して車のカーリースを利用する法人や個人事業主は少なくありません。では、カーリースをすれば節税効果は高くなるのでしょうか。すべての人に向いているのか、カーリースする場合のメリット・デメリットから節税効果について解説します。

カーリースとは

カーリースとは、契約者が選んだ車をカーリース会社が購入し、契約者が数年契約で月々決められた使用料金を支払って借りることを意味します。借りた車は購入した場合とほとんど変わりなく使用できるだけでなく、節税効果で考えるならローン購入よりもお得です。
レンタカーと比べられることもありますが、長期で利用するならカーリースの方が節税効果に向いています。

カーリースのメリット

全額経費にできる

法人や個人事業主が新車を一括購入する場合、すべての費用を初年度に経費計上することができません。その一方でカーリースなら、月々に支払うリース料をすべて経費計上できるため、経理上の手続きの簡素化につながります。また、毎年の自動車税や自動車保険料などもカーリース会社が支払うため、ガソリン代などの維持費とリース料だけで済みます。

契約満了後の車の乗り換えが簡単

車を購入すると、買い替えや売却などの手続きは、すべて自分で行わなければいけません。その一方でカーリースは契約時に決めた満了時に、返却、同じ車を再リース、新しい車への乗り換えなどから自由に選択することができます。一見すると手続きが面倒に感じてしまうかもしれませんが、そのほとんどをカーリース会社に任せられます。

カーリースのデメリット

走行距離に制限がある

カーリース会社や契約プランによって多少の違いはあるものの、契約時に月間の走行距離平均が設定されているのが一般的です。これを超過した場合は、契約満了時にオーバー分の費用を支払うことになります。上限走行距離の設定はカーリース会社によって異なるため、契約時に上限だけでなく、追加料金がどの程度発生するのかも確認しておきましょう。

途中解約できない

カーリースでは、途中解約はできないことがほとんどです。どうしても途中解約する必要がある場合は、高額な解約金を支払うことになります。また、基本的に契約期間中における契約内容の変更も認められておらず、契約期間中は定められた料金を支払う義務があります。大きな損害を出さないためにも、契約時にしっかりと見直しておきましょう。

車の購入とカーリースではどっちがお得?


車の購入とカーリースのどちらの方法を利用すれば良いのかは、それぞれの目的によって異なります。節税対策を期待するには、目先の利益や支出だけに捉われないことが大切です。それでは、どの方法が節税効果として期待できるのかについてご紹介します。

総支払額を抑えるなら一括購入

車の購入を検討していて、車にかかる総支払額を抑えたいという人は、一括払いでの購入が向いています。目先の支払額を抑えるならローン購入やカーリースの方が安く済みますが、金利がプラスされて最終的な総支払額は一括購入がもっとも費用を抑えることができます。資金に余裕がある場合は、一括購入を検討してみましょう。

短期的な節税効果なら中古車購入

新車にこだわりがなく、節税効果を重視するなら中古車の一括購入がおすすめです。
初年度登録から3年10ヶ月以上経過した中古車を購入すると、減価償却により一度に経費計上することができるため、短期的な節税効果が望めます。仕事で毎日のように乗り続けるのであれば、節税効果が一番高い中古車の一括購入が適しています。

経費処理を楽にするならカーリース

前述の通り、リース料は全額経費として計上することができます。車の購入とは違い、固定資産ではないため減価償却する必要がありません。そのため、少しでも経費処理を楽にしたい、効率性を求める人はカーリースがおすすめです。また、一括払いやローン購入よりカーリースの方が高い場合でも、手間がかからないカーリースを利用する考え方もあります。

まとめ

法人や個人事業主が仕事でお車を使用する場合、節税効果を重視するなら、中古車の一括購入がおすすめです。経費処理やメンテナンスを楽にするならカーリースもひとつの選択肢として挙げられますが、短期的な節税効果を期待するなら中古車の一括購入が最適かもしれません。
どの方法を利用するのかは、何年利用するのかなど総合的に判断して決めていきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事