BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 査定
  4. 車査定UPの時期やタイミング

車査定UPの時期やタイミング

【車査定額UPの時期やタイミング】

ここでは愛車の売却を検討されている方向けに、少しでも査定額が上がるよういくつかポイントをご案内致します。
日々、様々な要因が絡み合い中古車相場は変動してします。
まだ売却は先のことと考えている方も、売り時を逃してしまうと大きく査定額に影響を与える可能性があります。
是非、この記事をご一読していただき、お得に愛車の売却ができるようご参考にして下さい。

 

買取相場が上がる狙い目は決算期より少し前
年間を通して新車・中古車が一番売れる時期は、メーカーやディーラーの年度末決算の3月、次に半期決算の9月となります。中古車販売店もこの決算に焦点を当て1〜2ヶ月前くらいから、在庫車両を少しでも多く仕入れたいという動きが出てくるため、通常よりも比較的高く売却することが可能になります。
他にも決算の時期というのは、ちょうど就職や引っ越しなど、新生活のスタートで環境が変わりやすい時期ということもあり、市場全体が活発になることも買取相場が上がる要因の一つと考えられます。

 

決算前を逃した方にもチャンスあり
どうしても決算前に売却できなかった、という方もまだ諦めないで下さい。
決算時期が過ぎると新車・中古車市場の動きは鈍くなってしまいますが、車が売れない時期=良質な下取り車が中古車市場に流通しにくくなるという見方もできます。
当然、決算が過ぎたからと言っても、全く車が売れなくなる訳ではありませんので、
良質な中古車の流通量が減少する=「希少価値」が高くなり、多くの買取店が仕入れたいと考えるため、査定価格が上がるという事もあります。

 

モデルチェンジには注意が必要
モデルチェンジには、マイナーチェンジ(1〜2年周期で部分的な外観などの変更)とフルモデルチェンジ(5〜6年周期の大幅な抜本的変更)の2つが存在します。
最近の車はフルモデルチェンジの周期が比較的長くなっている傾向にありますが、その分モデルが変わると中古車相場は著しく下がってしまう可能性があります。
これは2の希少価値の例にも通ずることでもありますが、モデルチェンジがあるとこれをきっかけに新型モデルに乗り換えるユーザー様が増加します。そのため、中古車市場に旧型モデルが多く流通し、供給過多となり全体的な相場が下がるという原理です。
そのため、モデルチェンジの情報があれば、余裕を持って行動されることをおすすめ致します。

 

車検は通さない方がお得
自動車には期日が定められたものとして、車検があります。
もちろん車検がたっぷり残っている車両とほとんど残っていない車両では査定額に差が出てくることがありますが、車検費用以上に査定金額が上がるという事はまずありません。
これは、お客様向けの車検費用と買取専門店が自社で行う車検費用では金額が変わってくる事が一番の要因です。
また、近年は海外に輸出される車両が数多くあります。
海外に輸出される車両は、「輸出抹消」という処理がされるため、どのみち車検を切ってしまう事になります。
そのため、売却の為に車検は通さずに、そのままの状態で査定のご依頼をされる事をおすすめ致します。
また、うっかり車検が切れてしまった場合でも、買取専門店ではお引き上げをする事が可能ですので、お気軽に買取店にご相談下さい。

 

最終的には、「売りたい時が売り時!」
1〜4まで売却時期についてポイントをご紹介させて頂きました。
しかし一方で、上記のタイミングに固執するあまり、時間が経てば経つほど、走行距離が伸びてしまったりと車両自体の価値が低下してしまうという事もあります。そのため、「欲しいお車がある」「使用頻度が少なくなってきたから手放しを検討されている」という方は、早めに行動される事も考えられてはいかがでしょうか。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

月を選択